大阪偕星学園高等学校

学校概要・沿革

あたらしい学園づくりを生徒とともに。

教育方針と理念

    • 1文武両道の
      高校教育

    • 文武両道の高校教育

    進学教育とスポーツ教育の両面において、充実した学校教育を実践します。

    • 2付加価値の
      高い学習指導

    • 付加価値の高い学習指導

    入学時点の学力に比べ、大きな学力向上を果たし、志望校に多数現役合格させます。

    • 3面倒見のよい
      学校教育の実践

    • 面倒見のよい学校教育の実践

    一人ひとりの生徒に対し、親身の指導、思いやりのある教育、個性を大切にする教育を行います。

校長あいさつ

  • 校長 梶本 秀二
    校長 梶本 秀二
  •  本校の校名「大阪偕星学園高等学校」は、「人は皆、それぞれの輝き方を持った星である」という考え方に基づいて命名されたものです。高校生活における主人公は、生徒です。生徒たちが本校で学ぶ限られた期間のうちに、これから先の長い人生において、自分はどのような「星」として輝くことができるかを見つけ、それぞれにしかできない輝き方で輝いてほしいと思います。 そのために、自分を好きになって、自分の可能性を信じて、自分を見捨てずに生きていける人間力を育てたいと考えています。本校の教職員が力を一つにし、一人ひとりの生徒に居場所のある学校、成長できる学校、愛と信頼のある学校にすることがまずは何よりも大切だと考えています。皆さんが本校の一員となり、私たちと一緒に新しい歴史を築いてくれることを楽しみにしています。

概要・沿革

立地 〒544-0021 大阪市生野区勝山南2-6-38
校名の由来 人(生徒)は皆、星であり、生徒一人ひとりの個性を大切にし、かけがえのない存在としてその可能性を伸ばし、鍛えていきたい。そんな願い・思いが込められています。
校章
  • 校章
  • 星を基調とした校章は、「生徒はすべて輝く星としての存在である」ことを象徴しています。また、星の中に星を重ねることで、男女共学校であることを表現しています。校章の中心は紫陽花(あじさい)です。紫陽花の花言葉の一つは「ひたむきな愛情」であり、強靱さ・多様さ・協調を象徴します。生きる力を養う教育・個性を大切にする教育・共生教育。「大阪偕星学園高等学校」が目指す教育理念が、この校章に込められています。
 
沿革
昭和
 4年 2月19日 甲種商業学校「此花商業学校」として東淀川区長柄中通3丁目に設立許可
 4年 4月 1日 第1本科(昼間部)及び第2本科(夜間部)を設置
20年 4月 1日 戦時措置により校名を「此花工業学校」と改称
20年 9月 1日 戦時転用のため、学校を西区元堀江国民学校(仮校舎)へ移転 校名を「此花商業学校」に復す
22年 4月 1日 学校改革により「此花中学校」併設
24年 3月22日 現所在地 生野区勝山南2丁目6番38号へ移転
24年 4月 1日 校名「此花商業高等学校」となる
24年 5月 1日 財団法人此花学院を設立 創立記念日を5月1日に定める
25年 9月 初代校長に平井孝道就任
26年 3月 7日 私立学校法制定に基き財団法人此花学院を「学校法人此花学院」に組織変更 設立代表者に平井孝道就任
34年 7月25日 4階建て校舎建設
35年 4月 1日 普通科を設置
36年 4月 1日 理事長に平井孝道就任
39年 5月25日 体育館兼講堂及び室内プール竣工
43年10月11日 第2運動場設置
47年11月25日 室内プール改装、武道場竣工
48年 4月 1日 校名を「此花学院高等学校」と改称
53年11月16日 創立50周年記念式典並びに記念行事挙行
57年 4月 1日 普通科に体育コース設置
57年10月 9日 富田林市喜志に校外グラウンド:野球グラウンド(16987 ㎡)完成
58年 4月 1日 普通科に英国社進学コース設置
59年 3月31日 第2運動場に新体育館竣工
61年 4月 1日 第2代校長に平井博道就任
63年10月25日 創立60周年記念の集い挙行
平成
元年 5月 2日 創立60周年記念式典及び祝賀会挙行
 2年 4月 1日 普通科にIFC 進学コース設置
 3年 4月 1日 商業科の募集停止 普通科に英数進学コース、総合ビジネスコース設置 コンピューター実習室新設
 3年 9月 3日 理事長に平井博道就任
 4年 4月 1日 コース名称 特進英国社コース、特進英数コース、特進IFCコース、文理コースに改称
 5年 4月 1日 特進IFC コースをIFC(国際・留学)コースと名称改称。留学期間を1年とする
 7年 4月 1日 IFC(国際・留学)コースに女子募集開始、共学化
 9年 4月 1日 IFC(英語)コース設置(共学)。短期の海外研修ニーズにこたえる
 9年 5月 1日 創立70周年感謝の集いを挙行
11年 4月 1日 第3代校長に平井周就任
12年 4月 1日 IFC(英語)コースをIFW(国際教養)コース、体育コースをIFS(スポーツ)コースに改称 国際化推進に供する
14年 4月 1日 特進コースに女子募集開始、共学化の枠を広げる
16年 4月 1日 各コースの名称を特進コース、標準コース、長期留学コース、国際・福祉コース、スポーツコースと改称 全学男女共学化スタート
17年 8月31日 校舎1号館・2号館耐震工事完了
18年 8月31日 校舎3号館・4号館・旧体育館耐震工事完了
18年10月25日 第4代校長に石岡信吾就任
19年 3月 31日 長期留学コースの募集を停止
20年 4月 1日 各コースの名称を特別進学コース、福祉進学コース、総合進学コース、スポーツ進学コースと改称
21年 4月 1日 第5代校長に中川英人就任
22年 4月 1日 第6代校長に石岡信吾就任 福祉進学コース・総合進学コースを統合し、総合選択コースを新設 新制服採用
22年11月25日 理事長に太田明弘就任
23年 4月 1日 第7代校長に梶本秀二就任 特進選抜コース新設
23年 8月24日 校庭に人工芝設置
25年 4月 1日 校名を「大阪偕星学園高等学校」と改称 新校歌制定
28年 4月 1日 学校法人名を「偕星学園」と改称
30年 2月 28日 新館「すばる館」竣工
31年 4月 1日 文理進学コース設置、総合コースを「進路探究コース」に改称。創立90周年を迎える

教育協定校

スポーツコースのカリキュラム
卒業生の声

Copyright © 2015 Osaka Kaisei Gakuen All Rights Reserved.