大阪偕星学園高等学校

進路指導

あたらしい学園づくりを生徒とともに。

進学実績

  • 過去3年間の合格実績

    • 国公立大学、専門学校
    • 私立大学
  • 2019年度 指定校推薦大学(四年制大学 総計83校395名)

    立命館アジア太平洋大学、京都産業大学、近畿大学、龍谷大学、摂南大学、神戸学院大学、追手門学院大学、桃山学院大学、京都外国語大学、関西外国語大学、大阪工業大学、阪南大学、四天王寺大学、大阪電気通信大学、帝塚山学院大学、大阪産業大学、大阪学院大学、太成学院大学(看護学部含む)、帝塚山大学、びわこ成蹊スポーツ大学、京都ノートルダム女子大学 など 他多数
    ※ 2019年度 指定校推薦大学一覧はここをクリック

合格を勝ちとった、卒業生からのメッセージ!!

  • 柴原 亮子さん
    2018年度 特進コース卒業
    慶應義塾大学文学部合格
    柴原 亮子さん
    (大阪市立城陽中学校出身)
  • わたしが答える大阪偕星学園
    卒業生Voice

    勉強を好きになることができました。

    私は中学生のころはあまり学校に行けていませんでした。でも大阪偕星学園に入学し、先生方の手厚いサポートのおかげで普通に学校に通い、無事に大学進学を実現することができました。たくさんの先生方が引っ張ってくれたおかげで、勉強を好きになることができたと思います。大学受験では、一つでも得意科目を持っていることが大切だと思います。私は世界史でしたが、得点源になることはもちろん、落ちこんだときの気分転換に使うこともできますので、早い段階で伸ばしておいた方が有利になります。また、英語は避けて通れませんので、特に単語は早い段階から取り組んでください。きっとその後の勉強がしやすくなるはずです。
  • わたしが答える大阪偕星学園
    卒業生Voice

    本質を理解することが大切。

    中学までは勉強が得意ではなかったのですが、高校からでも学力を伸ばせると思い大阪偕星学園を選びました。最初は授業の質も量も中学と大きく違うので大変でした。その中でも、ただ暗記をするのではなく、しっかりと本質を理解することを意識して授業に臨みました。自分の夢や目標を叶えるために、大阪偕星学園はとても適した学校です。勉強はもちろん精神面でもサポートしてくれて、進路が決まっていない人には適した選択肢を提示してくれていました。もし悩んだ時は、先生や友達に相談してください。違う角度からの意見がもらえますので、視野が広がって一歩先に進めるはずです。
  • 本多 功成くん
    2018年度 特進コース卒業
    防衛大学校人文社会学部合格
    本多 功成くん
    (大阪市立上町中学校出身)
  • 西村 綾華さん
    2018年度 総合コース
    幼児保育ステージ卒業
    大阪人間科学大学人間科学部合格
    西村 綾華さん
    (大阪市立喜連中学校出身)
  • わたしが答える大阪偕星学園
    卒業生Voice

    大阪偕星学園で実践的な力が身につきました。

    高校受験のとき、最初は公立高校を目指していましたが、保育の道を進みたいと考えたときに、高校のうちから保育について学べることに魅力を感じて、大阪偕星学園に進学しようと思いました。私はピアノが初心者だったのですが、基礎からしっかりと教えてもらい、その他にも子どもが喜ぶ遊びや遊具づくりなど、実践的な力が身につきました。実際の保育園で実習をすることもできて、とても充実したカリキュラムだったと思います。大学でも保育を学んで、保育士の資格を取ることが今の目標です。また、子供服のメーカーやテーマパークなど、違う形で子どもと関われる仕事も選択肢として考えていきたいです。
  • わたしが答える大阪偕星学園
    卒業生Voice

    最後までしっかりと送り出してくれました。

    大阪偕星学園は素晴らしい学校だったと、今でも思います。魅力がたくさんあって、私自身もこの学校だから勉強と部活動を両立してやっていけました。勉強はもちろん、部活動を通じて礼儀作法や集団での立ち振る舞いを身につけることができました。また、進路についても、一人ひとりのことを考えて、最後までしっかりと送り出してくれました。進学先では、目標にしていた教師になるため、幅広い勉強をしたいと考えています。大学で異文化交流をしながら留学も検討しています。将来は、一方通行の教えるだけの先生ではなく、生徒から信頼され相談してもらえる先生になりたいです。
  • 石橋 菜名さん
    2018年度 スポーツコース卒業
    京都外国語大学外国語学部合格
    石橋 菜名さん
    (大阪市立中野中学校出身)
  • 石本 楓さん
    2018年度 スポーツコース卒業
    立命館大学産業社会学部合格
    石本 楓さん
    (高石市立高石中学校出身)
  • わたしが答える大阪偕星学園
    卒業生Voice

    成長する環境が大阪偕星学園にはある。

    私は大阪偕星学園ソフトボール部としては1期生になります。先輩がいないなか、私たちがチームを作っていかないといけないと思い、とても苦労もしました。しかし、先生方のご指導や仲間たちとの協力で、私たちの「色」を作ることができたと思います。そのような環境の中で、私自身もとても成長することができました。中学までは何事も後回しにしてしまうところがありましたが、今では後回しにせずに終わらせてから次の行動に移る習慣ができました。そして、自主性やチームのために行動をする姿勢は、3年間の活動の中で得ることができた大切な財産です。
  • わたしが答える大阪偕星学園
    卒業生Voice

    どこまでも伸びていける環境がある。

    学校生活の中で印象に残っているのが、生徒会として参加した「中高生平和サミット」です。沖縄、広島、大阪から3校が集まり様々な催しが行われましたが、その中で同年代の他校の生徒が発表する内容がとても素晴らしく、とても刺激を受けました。私は、誰もがしっかりやればできないことはないと考えています。私自身も在学中に英検2級に挑戦し、一度は失敗しましたが、奮起して頑張ったことで次の機会に合格することができました。大阪偕星学園はやる気があれば先生方がしっかりサポートしてくれて、どこまでも伸びていける環境がありますので、皆さんもいろいろなことに挑戦してください
  • 川野 湧くん
    2018年度 総合コース
    選抜クラス卒業
    立命館大学文学部合格
    川野 湧くん
    (大阪市立中野中学校出身)
  • 中山 七海さん
    2018年度 総合コース
    キャリアステージ卒業
    デコラティブシステム株式会社就職
    中山 七海さん
    (大阪市立長吉西中学校出身)
  • わたしが答える大阪偕星学園
    卒業生Voice

    個性を活かせる環境がある。

    3年間の学校生活の中で楽しかったことに学校行事があります。体育祭は大阪城ホールで行われていて、その大きさに驚きました。3年生の体育祭の応援団でダンスをやって、それがきっかけでその年の文化祭では有志でダンスを踊りました。体育祭が終わってから放課後に残ってみんなで練習し、本番では4曲踊りました。最後の年にとても楽しい思い出を作ることができてよかったです。大阪偕星学園の生徒は、性格はバラバラだけどいい人ばかりで、人間関係で悩むことはありませんでした。友人にも恵まれ、楽しい3年間を過ごすことができました。
  • わたしが答える大阪偕星学園
    卒業生Voice

    互いに刺激し合える良い環境。

    大阪偕星学園のバドミントン部は、みんな真剣に競技に取り組みながらも、ピリピリせず柔らかい雰囲気で活動していました。その空気感が、私には合っていたと思います。競技に専念できる制度が整っていて、指導者にも恵まれ、とてもいい環境で3年間成長し続けることができました。クラスには他のクラブに所属している生徒もいましたが、競技は違えど同じスポーツを頑張っているという共通点があるので話も合いますし、互いに刺激し合えるいい関係でした。最初は人見知りでなかなか話かけられなかったのですが、みんな優しくすぐに打ち解けることができて、楽しい学校生活を送れたと思います。
  • 渡邉 健人くん
    2018年度 スポーツコース卒業
    近畿大学経営学部合格
    渡邉 健人くん
    (大阪市立西中学校出身)
  • 菊田 和範くん
    2018年度 特進コース卒業
    高知工科大学システム工学群合格
    菊田 和範くん
    (太子町立中学校出身)
  • わたしが答える大阪偕星学園
    卒業生Voice

    熱心で親身になってくれる先生が多かった。

    一番印象に残っている思い出は体育祭です。各クラスで作る旗のデザインを3年間やらせてもらって、1年と3年のときには優秀賞をもらうことができました。色塗りはみんなで協力して完成させ、その結果自分が考えたデザインの旗が賞を取れて、とても嬉しかったです。宇宙のことに興味を持っていた私に、担任の益枝先生がこの大学を紹介してくれました。先生がいなければ、この大学に進学をしていなかったはずです。大阪偕星学園は熱心で親身になってくれる先生が多かったと思います。勉強はもちろん、受験の面接対策などもしていただき、様々なところで成長を実感することができました。
  • わたしが答える大阪偕星学園
    卒業生Voice

    復習がとても大切。

    高校入学当初から、将来は看護師になりたいと思っていました。4年制大学への進学を志望していたので、資料を見たりオープンキャンパスに足を運んで志望校を決めていきました。勉強を進める中で、元々英語が苦手だったので、とても苦労しました。中学の範囲まで一度戻り、一から基礎をやり直して克服していきました。受験前になると昔勉強していたことでも忘れてしまっているので、復習がとても大切だと思いました。普段から、社会に出ても通用するように私を指導してくれた先生にとても感謝しています。それを忘れずに、患者さんの為に気づいて動ける看護師を目指して頑張ります。
  • 吉川 澪奈さん
    2018年度 総合コース
    選抜クラス卒業
    神戸常盤大学保健科学部合格
    吉川 澪奈さん
    (東大阪市立枚岡中学校出身)
  • 高橋 海斗くん
    2018年度 総合コース
    キャリアステージ卒業
    株式会社ロイヤルホテル就職
    高橋 海斗くん
    (大阪市立田辺中学校出身)
  • わたしが答える大阪偕星学園
    卒業生Voice

    楽しい学校生活を送ることができる。

    大阪偕星学園はとにかく明るい学校です。入学してすぐにみんな打ち解けて仲良くなり、友だちの輪がすぐに広がりました。行事もみんなで一緒に取り組み、普段も放課後一緒に残って勉強したりして、楽しい学校生活を送ることができました。先生もみんないい先生ばかり。普段は楽しく授業をしてくださり、でも僕たちが間違えたことをしたときにはしっかりと叱ってくださいました。高校では勉強などでつまずいてしまうことがあるかもしれません。でも、先生方に優しく教えてもらえますし、しっかりと頑張っていれば、きっと楽しい3年間を過ごすことができるはずです。
  • わたしが答える大阪偕星学園
    卒業生Voice

    大きく成長できるチャンスがある。

    中学校と高校では、環境が大きく変わります。これは、大きく成長できるチャンスです。そして、大阪偕星学園には、それができる環境があります。校則は正直厳しいですが、そのお陰で私自身も変わることができました。自分から進んでいろいろなことにチャレンジすれば、先生方が必ずサポートしてくれます。自らの変化が実感できる、意味のある3年間を過ごすことができるはずです。私は進路決定が遅かったことで、受験でとても苦労しました。大学入試に向けては、早い段階で目標をしっかりと決めることと、後で後悔しないように勉強も早めに始めておいてください。
  • 西浦 航輝くん
    2018年度 総合コース
    選抜クラス卒業
    藍野大学短期大学部第二看護学科合格
    西浦 航輝くん
    (泉南市立泉南中学校出身)
  • 坂原 大輝くん
    2018年度 総合コース
    進学ステージ卒業
    大阪情報コンピュータ専門学校合格
    坂原 大輝くん
    (阪南市立鳥取中学校出身)
  • わたしが答える大阪偕星学園
    卒業生Voice

    周辺環境もよく、施設も綺麗で安心。

    高校受験のときに先生の勧めで大阪偕星学園を受験しようと思ったのですが、最初は学校のことをよく知らなくて、不安がありました。しかし、実際に来てみたら周辺環境もよく、施設も綺麗で安心しました。在学中は部活動に行事に、楽しい思い出がたくさんあります。修学旅行で沖縄に行ったことや、大阪城ホールで体育祭をしたこと、文化祭でから揚げを作って売り切ったことなど、いくつも思い出されます。学校で開かれた説明会で話を聞いたことが、この進路に進むきっかけになりました。興味のある業界なので諦めずに頑張って、いつかみんなが楽しめるゲームを作りたいと思います。
卒業生の声
Copyright © 2015 Osaka Kaisei Gakuen All Rights Reserved.